タイトル CL セルティック対バルサ

a0088359_121411100.gif
a0088359_12142756.gif
Celtic 2
Barça 1

FICHA TECNICA
Celtic de Glasgow Forster; Lustig (Watt, min.72), Ambrose, Wilson, Matthews, Commons, Wanyama, Ledley, Mulgrew, Samaras (Kayal, min.79) y Miku.

FC Barcelona Valdes; Alves, Bartra (Piqué, min.71), Mascherano, Jordi Alba, Song (Cesc, min.71), Xavi, Iniesta, Pedro, Messi y Alexis (min.65).

Árbitro
Björn Kuipers (HOL). Motró tarjeta amarilla a Song (min.13), Miku (min.41), Jordi Alba (min.65).

Goles
1-0: Wanyama, min.21. 2-0: Watt, min.83. 2-1: Messi, min.91.

Incidencias
Partido de la cuarta jornada de la fase de grupos de la Liga de Campeones disputado en el Celtic Park de Glasgow ante unos 58.000 espectadores.

sport.es


あっれだけ攻め込まれ続けたにもかかわらず "我々が勝たなければ不当だったよ" とセルティック監督。
完全にセルティックの試合でしたと言うのはさすがに差し障りがあるというか、眉間のあたりがピクッとなるけど、追加点まで決められたんじゃ観念するしかない。先週も苦しめられたから覚悟はしてたけど、でもなにも負けなくてもよかったのになぁ。

セルティックの絵に描いた餅通りだったか分かりませんけど、序盤はホームチームらしく先週とは違う立ち上がり。勇気を持ってラインを高く、前線からプレスを仕掛けてきました。コーナーから先制したあとはがっちり引く。ペナルティアークを跨いで2ライン、まるっきりスペースがありませんでした。バルサも両ラテラル上がってるので4トップな感じ。代わりにメッシが少し下がり気味、右から入り込んでプレッシャーを避けるという見るからに苦しい展開。
2列目のチャビ、イニエスタが抜け出すスペースはほぼ皆無。いつもなら何度も決まる壁パスでの崩しが全く通らない。

バルサ選手はどんな感覚なんでしょうね。
相手を引き出したりズレを生み出そうととにかくパスを繋いで繋いで繋ぎまくる。大抵アウベスがミスしたり我慢できなくなったりしてるように見えるんですけど、なんかあまりに繋いでると訳わかんなくなったりしないのかしら。ちょ、ちょっと、も1回始めから!みたいな。
攻め込んでるのに変な緊張感というか、精神的にシビレてくるというか。1点取り返したあとの超猛攻とかドキドキしすぎて無理!そんなプレッシャーに弱い人間はバルサにはもとより、サッカー選手にはおらんか(笑

それでも終わってみれば枠内シュート24、決定機7。シュートは後半の方が多かったけどチャンスは半々。でも前半セルティックが引き始める前まではほとんどチャンスを作れずにいたのが残念。セットプレーの攻守もだけど、カウンターももう少しなんとかならないかしら。



Electro Voice Sings Sly Stone - Syunsuke Ono
¥1,500

スライ好きな人の評価は両極。そうでもない人も楽しめると思います。

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-11-10 12:38 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶