タイトル 第5節グラナダ対バルサ

a0088359_17594871.gif
a0088359_180068.gif
FC Barcelona 2
Granada CF 0

FICHA TECNICA
FC Barcelona Valdés; Alves, Song, Mascherano, Adriano (Tello, m.73); Busquets, Thiago (Xavi, m.53), Cesc; Alexis, Messi y Villa (Pedro, m.53)

Granada CF Toño; Nyom, Íñigo López, Borja Gómez, Siqueira; Iriney, Mikel Rico, Orellana, Torje (Juanma Ortiz, m.66); Brahimi (Jaime, m.75) y Floro Flores (Al Arabi, m.58).

Goles:
1-0, m.87: Xavi. 2-0, m.90+2: Borja Gómez, propia puerta.

Árbitro:
del Cerro Grande (Col. Madrileño). Mostró cartulina amarilla a Floro Flores (m.24), Toño (m.45) y a Borja Gómez (m.72).

Incidencias:
Asistieron al encuentro 65.834 espectadores en partido de la quinta jornada de Primera División disputado en el Camp Nou.

sport.es


大相撲秋場所終了につき燃え尽き状態ですが頑張っていきます。
非常に悶々とする試合でしたね。もし、シーズン序盤で監督なりたてでまだちょっと色々固まってないんだよというんじゃなければ、ティトはライカーバルサみたいなのを考えてる感じなのかしら。悶々感もそっくりだし。
昨季までの中央固執から、よりワイドを意識する組み立てのようにみえます。メッシがつまんなそうになっちゃうのがその証拠といいますか。
横または後方からのクロスもかなり多かったです。が、今回はことごとくブロックされてました。よほどのキラーパスじゃないかぎり落下点に入るのはディフェンダーの方が巧いし、それでも背があれば張り合いにもなるんでしょうけど、なにしろ小さい巨人揃い。いや、ハイボール処理にミスのなかったグラナダラインを褒めることにしよう。

それでも前半の前半は一応そういう規則性も感じられたんだけど、ハーフタイムが近づくにつれ段々とバラバラになってしまってました。
後半頭から修正して欲しいくらいだったけど、そのままのメンバーで戻ってきたバルサはプレーもそのまんま。ほどなくビジャ、チアゴに替えてペドロ、チャビを入れて多少立て直した感じはあったけど、何とかなりそうな予感がし始めたのはテージョが入るあたりから。なんだろねぇこのテージョって子は、スピードがあるのに限定された範囲でのプレーの方が良さを感じさせるんですよね。
彼も含め揺さぶりを続けた先にはチャビのゴラッソが待ってました。決まった瞬間ベッドから起き上がろうと思ったけど、あまりに決めた本人が喜び爆発してるので出そびれるほど、すてきなゴールでした。

メッシくん、ビジャと言い合ってましたね−。
不仲説とかあった(よね?)けど置いといて、メッシがあれだけ遠慮なく要求できるということは、ビジャがそれだけのコンディションになってきたということでいいんじゃないかしら。



Electro Voice Sings Sly Stone - Syunsuke Ono
¥1,500

2回目くらいには割りと違和感なく聞けます。
チェケラ!

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-09-24 18:07 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶