タイトル 第2節オサスナ対バルサ

a0088359_15281662.gif
a0088359_15282915.gif
CA Osasuna 1
FC Barcelona 2

FICHA TECNICA
CA Osasuna Andrés Fernández; Marc Bertrán, Arribas, Miguel Flaño, Damià; Puñal, Raoul Loé; Cejudo (Lolo, m.79), Sisi (Timor, m.78), Lamah; y Llorente (Nino, m.68).

FC Barcelona Valdés; Alves, Puyol, Piqué, Jordi Alba; Iniesta (Xavi, m.70), Busquets, Cesc Fábregas (Pedro, m.62); Alexis, Messi y Tello (Villa, m.75).

Goles
1-0, m.17: Llorente. 1-1, m.75: Messi. 1-2, m.80: Messi.

Árbitro
Muñiz Fernández (Comité Asturiano). Expulsó al entrenador del Barcelona, Tito Vilanova (m.70) y al jugador osasunista Puñal con roja directa (m.75). Mostró tarjeta amarilla a los locales Sisi (m.27), Damià (m.34), Cejudo (m.48), Miguel Flaño (m.51), Lamah (m.79) y Lolo (m.86), y a los visitantes Busquets (m.35), Piqué (m.78) y Puyol (m.81).

Incidencias
Partido de la segunda jornada de Liga disputado en el estadio Reyno de Navarra ante 15.691 espectadores.

sport.es


一転して低調試合。この時期、中堅以下チームの方がコンディションが良いのは常だし、それを武器にオサスナがハードワークに成功していたんだけど、とはいえ結局90分間ペースを握れないとはね。
立ち上がりからオサスナのプレスに苦しんで、終始行ったり来たりする展開が続きました。前監督が嫌いなんだからティトも嫌であろうこの展開。私も大嫌いです。選手がへたくそに見えるんだもん。
オサスナのハイプレッシャーはただしつこく強いだけじゃなくて後ろからも奪いに来るのが厄介。取った後のラマー、シシを軸に速くてダイナミックな攻撃も消耗させられます。

押されるがまま先制されたとはいえ、バルサもチャンスは作っていました。すべてがカウンターの形でしたけど。先制されてしばらくの間、オサスナの動きが少し大人しくなったその間だけバルサはボールを持てました。このままリズムを取り戻したいところだったけど、またすぐ速いテンポの試合が続く。
後半の仕切り直しに期待したけど、前半のそれより更に酷くて、早々にチャンスを作られたのにはベッドから転げ落ちそうになりました。

厳しい日程をこなすのにローテーションは必然だけど、やっぱりチャビがいないとどうもフワッとした感じになるような。イニエスタも昨季までとは違って中寄りのプレーを求められて運動量も多くなってるし、時々下がり目でプレーしていて、飛び出しを期待されてたらしいセスクの効果もいまひとつ。なんともハマらない試合になってしまいました。
それでも勝つのは素晴らしい。復調っぷりがムンムンしてるペドロと、チャビ、そしてせっかくのアップテンポな試合を生かせなかったテージョからビジャへ。ガラリと展開を変えられた訳ではなかったけど同点、そして2点目は美しかった!献身的に動くビジャとサンチェス、あそこで待ち構えられるメッシ。ブラボー。
マドリーはごっそりセカンドチョイスで望んで転けちゃったんだね。コエントランとかプッ。
ところでチアゴってあとどのくらいで復帰できるのかしら。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-08-28 15:33 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶