「ほっ」と。キャンペーン

タイトル 第36節ラージョ対バルサ

a0088359_13385685.gif
a0088359_1339990.gif
Rayo Vallecano 0
FC Barcelona 7

FICHA TECNICA
Rayo Vallecano: Cobeño; Rober (Aitor Núnez, m.31), Arribas, Pulido, Tito; Trashorras, Movilla (Diamanka, m.46); Michu, Lass; Tamudo y Diego Costa (Diego Benito, m.65).

FC Barcelona: Pinto; Montoya, Mascherano, Puyol, Adriano (Dani Alves, m.60); Busquets (Afellay, m.74), Keita, Thiago; Pedro, Alexis (Tello, m.82) y Messi.

Goles:
0-1: M.15 Messi; 0-2: M.26 Rober en propia puerta; 0-3: M.38 Keita; 0-4: M.46 Pedro; 0-5: M.77 Thiago; 0-6: M.88 Pedro; 0-7: M. 90 Messi.

Árbitro:
Delgado Ferreiro (comité vasco). Amonestó a Rober (m.22), Tito (m.35), Arribas (m.45), del Rayo Vallecano, y a Pedro (m.52), del Barcelona.

Incidencias:
Encuentro correspondiente a la trigésimo sexta jornada de la Liga de Primera División, disputado en el Estadio de Vallecas (Madrid), ante unos 12.000 espectadores.

sport.es


1点2点に泣いたあとだったせいか7点も入ったような気がしませんでした。
内容はよかったと思う。最初はすこし堅かったような感じだったけど、それはたぶんメンバー(ピント)の影響というより気分的なものだったんじゃないかしら。まあ仕方ないよね。ラージョもオラオラ系だし。
ペドロが良い感じになってきててうれしい。メッシも調子悪かったわけじゃなくて良かった。・・・良かったのか?

ペップの退任。
監督って、常に強いところを見せ続けなきゃいけなくて、それは間違いを認めないってことではなくて、問題は認めつつもそれを乗り越えられる課題として受け取るそういう役割だと、とにかくペップはそういう監督だと思っていたので、チェルシー戦後と辞任会見はなんだかビックリしてしまいました。へんに普通で。
素で話しちゃうとこうなんだ。
後任はティト。ペップも彼の能力を認めスビサレッタSDが決めてクラブも承認。「やれると思うんならやるべき」なんて助言もすべて、なんだかみんな男らしすぎ。いつもこう何事も爽やかに進んでくれるといいわね。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-05-01 13:40 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶