タイトル CL バルサ対チェルシー

a0088359_14253088.gif
a0088359_14254275.gif
FC Barcelona 2
Chelsea 2

FICHA TECNICA
FC Barcelona Valdes; Puyol, Piqué (Alves, m.26), Mascherano; Busquets, Xavi, Iniesta, Cesc (Keita, m.74); Cuenca (Tello, m.67), Alexis y Messi.

Chelsea Cech; Ivanovic, Cahill (Bosingwa, m.12), Terry, Cole, Mikel, Meireles, Mata (Kalou, m.58), Lampard, Ramires; y Drogba (Torres, m.80).

Árbitro
Cüneyt Çakir (TUR). Mostró cartulina amarilla a Mikel (m.32), Ramires (m.44), Ivanovic (m.48), Iniesta (m.50), Cech (m.59), Messi (m.71), Lampard (m.72) y a Meireles (m.89). Expulsó a Terry (m.37) por una agresión a Alexis.

Goles
1-0, m.35: Busquets. 2-0, m.44: Iniesta. 2-1, m.45+1: Ramires. 2-2, m.90+2: Torres.

Incidencias
Asistieron al encuentro 95.845 espectadores en el partido de vuelta de la semifinal de la Liga de Campeones disputado en el Camp Nou. En el palco se encontraban, entre otras personalidades, el alcalde de Barcelona, Xavier Trias, así como diversos miembros del gobierno de la Generalitat. También presenció el encuentro el seleccionador español, Vicente del Bosque.

sport.es


最後まで頑張ってたんですけどね、こじあけられませんでした。ガックリ。
どの試合もそうですけど今回もいろんな事が起きて、それに対して、よりエネルギーを使ったのはバルサの方だったかなという感じがしました。両セントラルが離脱したチェルシーも大変だったろうけど、何があってもすべき事は1つだったでしょう。まあバルサにしても点を獲るってとこで終始一貫してるんですけど、気持ちの上がったり下がったりがもろプレーに出てしまってたというかね。それを招いたのも自分らなのだから仕方ないけど。

全体的には結構よかったと思いました。
クラシコではさっぱりだった動きも活発だったし、両サイドもよく使えてた。A.コールとクエンカの対峙は見応え充分。クラシコではイマイチだったイニエスタサイドは、クエンカの方と比べると幅を持たせるというよりもそのまま斜めに入ってきて決定的な仕事をする感じ。その両サイドのコントラストも良かったし、これまたクラシコでは効果的じゃなかった、セスクとイニエスタとのテレコする感じも相手にとってはすごく面倒臭かったように見えた。2点目が入った時はこれで決勝行けるんだと思って疑いませんでした。ええ、思わず疑うことを忘れてしまいました。ましてまさか天敵にアディオス告げられるとは予想だにしませんでしたよ。

惜しむらくは前回を映したかのような、そしてクラシコと見紛うようなタイミングでのあの失点。
2-0になったあとペップは攻めろと指示したそうです。前半わりと最初の方からですけどブスケやアウベスの攻撃参加は活発でした。だからその指示が適切じゃなかったとは思わないけど、まぁあーまでもおんなじ様にやられるとはね。さすがに滅入るらしく悔いてるようです。
でもねあの数分間、ちょっと変なんですよね。連携ミスとか変なスペースとかあるの。指示の正誤よりもそれを行き渡らせられなかったとか、ピッチの中とのギャップがあったとか、何となくそっちかなと思う。
ゴール後ってそういう感じになっちゃう時もあるけども。

テリーの爆発は直前のメイレレスのとこもそうだけど、少し前のミケルのカードのシーンも大いに関係ありそうですよ。とはいえ陰湿すぎて怖いよ。

後半はほぼまるまるスクランブル。相手は後列6人前列3人、バルサはそれをひっくり返したようなといっても大げさではない状態。アウベスは上がりっぱなしだったし。上のフォーメーション図は真っ当に仕上げましたけどね。
本当に時間の経つのが早くて息苦しかったです。惜しいチャンスもあったんですけどね、あの状況でチャンスを作れるんだから驚くよ。

残りのリーグ戦もコパ決勝もあるけど、さて来シーズンはどうしよう。そのまえにペップの去就か。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-04-27 14:31 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶