タイトル 第22節バルサ対ソシエダ

a0088359_12122493.gif
a0088359_12123720.gif
Barcelona 2
Real Sociedad 1

FICHA TECNICA
Barcelona Valdés; Alves, Puyol (Abidal, m.76), Mascherano, Adriano; Dos Santos (Busquets, m.76 (Piqué, m.82), Thiago, Cesc; Tello, Messi y Cuenca.

Real Sociedad Bravo; Carlos Martínez, Mikel González, Iñigo Martínez, Cadamuro; Aranburu, Markel, Rubén Pardo (Llorente, m.78); Xabi Prieto (Aguirretxe, m.83), Griezmann; e Ifrán (Vela, m.58).

Goles
1-0. m.9: Tello. 2-0, m.72: Messi. 2-1, m.74: Vela.

Árbitro
Clos Gómez (Comité Aragonés). Mostró cartulina amarilla a Iñigo Martínez (m.34) y a Llorente (m.88).

Incidencias
Asistieron al encuentro 52.646 espectadores en partido correspondiente a la vigésimo segunda jornada disputado en el Camp Nou. Se guardó un minuto de silencio en memoria de las víctimas de Port Said (Egipto).

sport.es


前半は結構良かったかしら。わたし好みのバルサでした。
チャンスが点になってたらもっと良かったですけどね、ちゃんと中盤が下支えしている感じがありました。これができると最終ラインは相手の一発の抜けだしのみ注意すれば良くなるので、負担が減って攻撃の組み立てに参加できるようになる。プジョルはやや参加しすぎな感じですけども。

先発を大幅に入れ替えてきたのでコンディションを計るには適しませんでしたけど、出場機会を得た若手たちが当たり前のように相手の攻守の切り替えを狙ってボールを奪い返し、試合をコントロールしてるのを見ると、最近の試合を難しくしてた理由が見えてくる気がします。
スタメンを見たときはメッシとセスクが2人でいちゃいちゃするのを想像しましたけど、だいぶ違いましたね。そうならないところが辛いとこでもありますけど。

アンカーを務めたジョナタンは視野が広く、そして私はチアゴから目が離せませんでした。あーきっとこの子がチャビになるんだなぁって。1対1での守備の巧さはチャビ以上っぽい。課題はノグチさんが言ってた決定的なアシスト、1本のパスで場を一瞬で変えてしまうようなね。そういうプレーと中盤を支える役割との匙加減かしら。でもまだハタチなんですよね、成長が楽しみすぎる。

後半はソシエダの巻き返しに少し押されました。グリーズマンと途中から入ったベラを中央に集めることでチャンスの精度を上げていました。失点はミスからだったけど、後半のチャンスの作られ方ってマドリーにもやられた感じと同じですよね。ちょっと全体的に絞りきれなくなるというか、ついて行けなくなるというか。
色んな意味で替え時だったプジョルとジョナタンからアビダルとブスケへ。5分後ブスケの怪我でピケに交替。
ソシエダも前に人数掛けて勝負に出てたし、ブスケの怪我の動揺もあったと思うけど、ちょっとぴりっとしない終わり方でした。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-02-07 12:13 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶