「ほっ」と。キャンペーン

タイトル 国王杯4 バレンシア対バルサ 1レグ

a0088359_22474183.gif
a0088359_22475453.gif
Valencia CF 1
FC Barcelona 1

FICHA TECNICA
Valencia CF Diego Alves; Miguel, Rami, Víctor Ruiz, Mathieu; Albelda (Tino Costa, min. 66), Banega; Piatti (Feghouli, min. 58), Jonas (Aduriz, min. 75), Jordi Alba y Soldado.

FC Barcelona Pinto; Puyol, Piqué, Mascherano, Abidal; Sergio, Thiago (Jonathan dos Santos, min. 79), Cesc; Alexis (Dani Alves, min. 63), Messi y Cuenca (Tello, min. 87).

Árbitro
González González (castellano-leonés). Mostró tarjetas amarillas a los valencianistas Jonas, Banega, Albelda, Víctor Ruiz, Jordi Alba y Mathieu y a los barcelonistas Mascherano y Pinto.

Goles
1-0, min. 26. Centro de Mathieu y disparo de Jonas, imparable para Pinto.1-1, min. 35. Córner a la derecha de Diego Alves que saca Cesc al segundo palo y Puyol, ganando la partida a Víctor Ruiz, remata picado a la red.

Incidencias
51.800 espectadores en Mestalla en noche fría, con lluvia intermitente.

sport.es


立ち上がりからバレンシアのプレッシャーが厳しくて、ボールホルダーは持たされてしまい、この試合もまたなかなかリズムが出ませんでした。でもビジャレアル戦よりは動けていて、士気も高い感じ。ワンタッチで繋がるような距離感とはいかないものの、全体的にはいくらかコンパクトにできていたように見えました。

バレンシアはとても気合いが乗っていて、最近じゃ驚きもしなくなったリハビリ的リズムの立て直しとでも言うか、バルサがコツコツ繋いで来たのを、人数掛けて囲んで奪って速い攻撃をし掛けてくる。奪われたバルサはこれも相変わらずなんだけど、それをチャンスにできない。奪って攻撃を仕掛けるその意識の切り替えの隙を、良い時のバルサだと抜け目なくさらって十重二十重と攻撃していたのに、そういうのはここんとこずっとご無沙汰。

でも、開始からクエンカがずいぶんと張り切っていて、その影を潜めているファーストディフェンスで怖いマテューサイドを鎮めていました。あれほど迷いなくアグレッシブに行くってのは、ペップの指示でしょうかね、たぶん。逆サイドのサンチェスも深くまで戻って守備にも貢献できていました。
それだけに、失点は残念でした。ジエゴアウベスのフィードをプジョルが頭で落としたボールが、ややイーブンな状態だったので、みんなボールに行ってしまいました。マテューに気付いたプジョルが軽く足を滑らせたのが痛かったかなとも思ったけど、そうでなくても無理でしたかね。囲まれながらも正確なボールを出したアルバが素晴らしかった。

大幅に話それるけど、日本の小学生がバルサにスカウトされたとかって話ありましたよね。彼は特に目立った選手ではなかったそうなんだけど、とにかく周りが見えてたんですって。どんなに団子状態になっててもその外側が見れてた、そういう選手を探してるんだって、スカウトマンが言ってたそうです。

戻ります。
失点したあとのリアクションは良かったですよね。パスミスはちらほらありましたけど、ミスを怖がってなかったし、ゴールへの積極性が強まったように感じました。この日上出来だったクエンカのドリブルからサンチェスのシュート。そこからCKに繋がってカピタンゴル!コパクラシコのゴールはプジョル本人の持ち込みネタで、打ち合わせ通りだったそうですが、今回もそれっぽいですよね。

この辺りからバレンシアがやや失速し始めて、序盤にみせた守備の連動性が緩まってきてました。
後半に入ってもそれは変わらなくて、多少オープンな展開になった時間帯もあったけど、後半は大体コントロール出来てたと思う。相手の攻撃も早く潰せてたし。バレンシアが2トップにしてきてからも慌てる事はなく、一度もチャンスを作らせなかった。早々にあったサンチェスのシュートやメッシのPKか、流れからの点が決まってたらもっと明るい雰囲気になったのかなぁと思いました。
逆に如何なる者も制御出来なかった人が1人。つるっつる滑るメスタージャもザワザワしてましたよね、2回、プジョルが2回まったよ!ってザワッザワしてましたよね!?

トータルで良くもなかったけど悪くはなかったと思う。バレンシアにいいとこを出させなかったし。
注文をつけるとすれば、ジエゴアウベスのフィードはだいぶヘンテコだったので、何でバルサはもっとプレッシャーを掛けないのかなと。ついでに言うと、ピントのあーゆーところはファンから見てもめんどくせぇ奴だなと思いました。

マテューはレミーボヤンスキーかよ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-02-02 22:52 | マッチレポート