タイトル 第5節バレンシア対バルサ

let's OnMouse!↓
a0088359_16441331.gif
a0088359_16443164.gif
Ficha técnica
Valencia CF: Guaita; Miguel, Rami, Víctor Ruiz, Mathieu (Piatti, min. 73); Albelda (Tino Costa, min. 46), Banega; Pablo, Canales (Jonas, min. 68), Jordi Alba y Soldado

FC Barcelona: Valdés; Puyol (Thiago, min. 63), Mascherano, Abidal; Busquets, Xavi, Keita (Adriano, min. 58), Alves; Cesc, Messi y Pedro (Villa, min. 58).

Árbitro: Velasco Carballo (madrileño). Mostró tarjetas amarillas a los valencianistas Rami, Soldado, Canales y Jonas y al barcelonista Mascherano. Expulsó con roja directa a Jordi Alba (min. 91).

Goles: 1-0, min. 12. Abidal, en propia puerta; 1-1, min. 14. Pedro; 2-1, min. 23, Pablo. 2-2, min. 77, Cesc.

Incidencias: 50.000 espectadores en Mestalla.

どっちだと言われたら、失敗だったんじゃないですかね。
バレンシア側に3-4-3で来ることバレバレで準備を完璧にされてしまった感じ。
この結果だったから言うんじゃないですが、私が3-4-3にしこりを残してる部分はこんなとこでした。
もっとも引いてくる相手だったらどっちでもいいと思うんだけど、仕掛けてくる相手にはカバーリングが随所に多く必要になってくるこのシステムは、スピードに欠けるチームにはむずかしいんじゃないかなって。そうじゃなくても開始10〜15分くらいバタバタすることはままあるけども。

攻撃は。もともと真ん中を潰されると割とあたふたするバルサですけど、今のところこの3-4-3もそんな感じというか場合によってはそれ以上というふうに見えました。場合というのはブスケとチャビが押し込まれた時です。サイドにまったく振れなくなってしまってました。組み合わせのせいもあるけども。
そうやってバレンシアはアルベルダとバネガを中心に中を潰し、プジョルまでも引き出しサイドで勝負してなんなく得点していました。
ちょっと拍子抜けだったのが、前に孤立させられるのがメッシ+セスクならば、もう少し徒労せずに済むかと期待したんですが、意外とね。ああいう頂けない事態を想定するか分かりませんが、試合中サボれなかったメッシは最後バテ気味だったので、何かセスクとうまく消化できるようになれたらいいのになぁって思いました。

あのスパルタペップが即後半から4-3-3にしたのは意外でしたが、さらに途中から3バックに戻すなんて。
守備と全体的なバランスには4-3-3、攻撃力としては3-4-3が、少なくとも現段階ではそう特徴付けられるということかしら。
個人的には試合毎もしくは試合の中でシステムをいじるのは好みじゃないんだけど、攻撃的シフトみたいな、セスクが中央でより生きてるところを見ると、しばらくはあれこれやってくるのかなぁ。

アトレティコ戦はどうなるでしょ。
3バックで行くと、ジエゴにバイタルへすとんと落とされてレジェスとファルカオでどーん、みたいな?
・・・よし、2引き分けで。今日と週末2引き分けで乗り切ろう(-д-)
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-09-22 18:03 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶