「ほっ」と。キャンペーン

タイトル 第4節バルサ対オサスナ

ひょー、遅くなっちゃった。
a0088359_1547515.gif
Ficha del partido:
8. Barcelona: Valdés; Mascherano, Puyol (Maxwell, min.55), Abidal (Adriano, min.46); Alves, Xavi (Afellay, min.61), Thiago, Sergio Busquets, Cesc; Villa y Messi.

0. Osasuna: Andrés Fernández; Marc Bertrán, Roversio, Rubén, Raitala (Cejudo, min.46); Damià, Lolo, Puñal (Timor, min.77), Lamah; Raúl García (Ibra, min.63); y Nino.

Goles: 1-0, min.5: Messi. 2-0, min.13: Cesc. 3-0, min.34: Villa. 4-0, min.39: Raúl García (pp). 5-0, min.41: Messi. 6-0, min.57: Xavi. 7-0, min.76: Villa. 8-0, min.79: Messi.

Àrbitro: César Muñiz Fernández, del comité asturiano. Mostró cartulina amarilla a Villa (min.36), Lamah (min.43), Raúl García (min.48), Ibra (min.74) y Damià (min.86).

Incidencias: partido correspondiente a la cuarta jornada de la Liga, disputado en el Camp Nou del FC Barcelona, ante 70.549 aficionados, según datos facilitados por el club.

選手のイライラは解消できたかしら。
ほぼ思い通り進んでいたことが最後のちょっとで零れるなんて、考えただけでギーッ!ってなるけど、それが2試合続いてしまったんだから歯ぎしりじゃ済まないですよね。ちょっとたくさんゴールが入ったからって丸く収まるとは思わないけれど、一歩ずつですからね、特にシーズン始めは。

3-4-3はどうですか。2節のビジャレアル戦につづき良い結果がでました。メッシが上がったスペースにセスクが入ったりその逆もあったり、シンプルですがバイタルエリアを制す方法としてはとても効力があります。一方でまだまだ修正点もあるように見えます。中盤が厚いのでパスの出し先には困らないですが、その分かぶっちゃったり、連携ミスもちらほらありました。場合によってはサイド選手の運動量も嵩みそうですし。

ライカールト時代を含めても一度たりとも上手く行かなかったシステムなのに、ここへきて光って見えるのはやはりセスクの効果なんでしょうかね。彼のプレーの個性がずいぶんとマッチしてるように思いました。
「静的なポジションに適応すること」これはセスクへのペップコメントにあった一文で、チャビ的な仕事をという意味だと理解したんだけど、このシステムだと多くの選手にとっても課題となるような気がしました。他の人のために動ける止まれる、というような。

トータルして、3-4-3の方がいいとはまだ言えないけど、こっちの方が追い風をまとえるような期待感はあります。

あとこの試合良かったのはブスケ。
ここんとこの責任を背負わすような空気があるそうですが、アンカーの仕事でらしさを発揮できていてホッとしました。アウベスを走らせる美しいパスにはうっとりしてしまいました。
それにしてもペップの「彼に求めたのはパトを追うことではなく、ボールを上手く分配することだ。」ってコメントはいいわ。
後半替えすぎてグダグダになりましたけれど。
次節はバレンシア、その次はアトレティ子ですか。どちらも調子良くやってる感じなのでギタンギタンにしてあげよう。間違ってもされませんように(-人-)
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-09-20 15:50 | マッチレポート