「ほっ」と。キャンペーン

タイトル CLバルサ対ミラン

イニエスタは4週間ですか・・・orz
a0088359_3361154.gif
Ficha técnica
2 - Barcelona: Valdés; Alves, Mascherano, Busquets, Abidal; Keita (Puyol, m.67), Xavi, Iniesta (Cesc, m.39); Pedro, Messi y Villa (Afellay, m.84).

2 - Milan: Abbiati; Abate, Nesta, Thiago Silva, Zambrotta; Van Bommel (Aquilani, m.78), Seedorf, Nocerino; Boateng (Ambrosini, m.33); Pato y Cassano (Emanuelson, m.62)

Goles: 0-1, m.1: Pato. 1-1, m.35: Pedro. 2-1, m.50: Villa. 2-2, m.90+2: Thiago Silva.

Árbitro: Martin Atkinson (ING). Mostró cartulina amarilla a Van Bommel (m.18), Villa (m.52), Nesta (m.57), Alves (m.70) y a Puyol (m.90+2).

Incidencias: Primer partido de la liguilla de la Liga de Campeones, grupo H, disputado en el Camp Nou ante 89.861 espectadores. En el primer tiempo, Boateng e Iniesta tuvieron que se ser sustituidos por sendas lesiones. El gol marcado por Pato, a los 24 segundos del inicio del partido, es el quinto más rápido de la historia de la Champions.

しょーもないと言うにはミランの2点が効率的で華麗すぎるんだけど、でも不運だとかそういうんじゃなかったと思うよ。いきなりの失点で後ろが気になったのは分かるけど、パスの出し先を探す感じはソシエダ戦と同様でした。なんとか有機的なパスワークが出来はじめたのが前半30分くらいからで、そのまま行ければ良かったんだけど、後半途中からバテたミランに付き合ってしまった。結局その程度のチームコンディションなんだと感じましたよ。

現在のチームの出来は何割くらいでしょうか。怪我人もあってかシーズン開幕してから微々たる上昇しかしてないように思う。だから相手がソシエダだろうとミランだろうと、逆によほどの格下であっても同じパフォーマンスしかできないのかも。それはもちろん良いことではないけど、悪い事でもないと思う。だって高めて行ければ解決することだもん、到達点は描けてるだろうし。そこが熟したチームの強みなんですから。

ただソシエダ戦のスタメンといい、ペップのスパルタ感が面白くもちょっと心配になったりします。
この試合も終盤かなり怪しい雰囲気あったのに予定通り(たぶん)プジョルとアフェライ復帰させましたし、あれで試合終わり感出ましたからねぇ。もちろん復帰した選手が充分やってくれると判断したんでしょうが、なでしこの北朝鮮戦じゃないですが、若干の隙一つでゴールって発生したりしますから。


ところで。
アイマールとかサビオラとかが行ってからやっと始めてベンフィカ見れたんですが、変わらずアイマールが可愛くて安心しました。
じゃなくてノリートがだいぶ活躍してるようで!公式戦5試合連続ゴール中だったとか。ユナイテッド戦惜しくもゴール出来なかったけど、かなり自信持ってやれてる感じでてましたよね。
これで私も心置きなくスタメン画像作りのノリートレイヤーを削除することができます。
幸多かれ!ノリート
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-09-18 07:54 | マッチレポート