タイトル 第34節ソシエダ対バルサ

a0088359_18423962.gif
Ficha técnica
Real Sociedad: Bravo; Carlos Martínez, Demidov, Mikel González, Estrada; Rivas (Ifrán, min. 69), Markel Bergara (Elustondo, min. 89); Xabi Prieto, Aranburu, Griezmann y Tamudo (Zurutuza, min. 69).

FC Barcelona: Pinto; Montoya (Alves, min. 13), Piqué (Mascherano, min. 62), Milito (Sergio Busquets, min. 76), Fontàs; Xavi, Thiago, Keita; Jeffren, Messi y Afellay.

Árbitro: Fernando Teixeira Vitienes (cántabro). Mostró tarjeta amarilla a Tamudo y Estrada, por parte de la Real Sociedad y a Mascherano, por parte del Barça..

Goles: 0-1, min. 28. Pase de Xavi que toca Messi y Thiago, solo en el área, levanta el balón por encima de Bravo. 1-1, min. 71. Demidov deja un balón muerto en el área que Ifrán aprovecha para batir a Pinto. 2-1, min. 82. Xabi Prieto transforma un penalty cometido por Mascherano sobre Zurutuza.

Incidencias: Buena entrada en Anoeta. 30.485 espectadores en tarde-noche con llovizna.

厳しい連戦をこなしてきましたが、まだまだシーズンは続いてると改めて感じました。モウをなじってる場合ではありませんでした。

12位につけるソシエダですが、ポイントが詰まっているのでかなり意気込んでいました。
タムードを残し、2列目に5人並べて超コンパクト体勢。バルサはボールを前に通すことが難しく、バイタルエリアでは数で負け、メッシを含め満足に触ることができないので、アンカーのチャビとセンターバック2人で組み立てる格好になりました。
サイドに起点を作ってバランスを崩しに行くのですが、ジェフレンもアフェライも攻撃的ながらジェフレンはあまり中へ入らないのでモントーヤに替わって入ったアウベスのスペースを作れず、アフェライは左だと中へドリブルしますが後ろフォンタスの上がりは期待できません。
フォンタスはサイドを務めたことありましたっけ?トップチームでは記憶にないのですが、プジョルに鞭打ってる状態だけに頑張って貰うほかありません。
それでもその左アフェライに寄せてから真ん中のメッシとチアゴの飛び出しから先制できました。

後半に入っても苦戦は続きソシエダは奪うと割と前傾するのでその隙を突きたいのですが、戻りも早くて良いシーンを作れませんでした。
ミリート渾身のダイビングヘッドが決まっていればというところですが、オフサイド判定でノーゴール、その上彼自身が負傷退場でまたしてもまさかのブスケ&マスチェラーノのセンターバックとなってしまいました。
結局その痛いところをつかれて逆転負け。おーい何も負けなくても…って気持ち半分、不慣れなポジションだし、そうでなくてもこの試合センターのプレッシャーは大きかったと思うし、なによりソシエダの情熱が優りましたか。

ミリートはハムストリング損傷で4週間、モントーヤは脱臼と鎖骨骨折で6週間。
モントーヤにうちの猫オチョくんを派遣したい。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-05-02 19:33 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶