タイトル (CL)対アーセナル2leg & 第28節

地震で気落ちしてるのでまとめて簡単に。
コメント欄は閉じさせてもらいます。

a0088359_23231156.gif
uefa.com
Ficha técnica
Barcelona: Valdés; Alves, Busquets, Abidal, Adriano (Maxwell, m.90); Mascherano (Keita, m.88), Xavi, Iniesta; Pedro, Messi y Villa (Afellay, m.82)

Arsenal: Szczesny (Almunia, m.19); Sagna, Djorou, Koscielny, Clichy; Wilshere, Diaby; Cesc (Bendtner, m.78), Rosicky (Arshavin, m.73), Nasri; y Van Persie.

Goles: 1-0, m.45+3: Messi. 1-1, m. 53: Busquets (propia puerta). 2-1, m.68: Xavi. 3-1, m. 71: Messi.

Árbitro: Massimo Busaca (Suiza). Mostró cartulina amarilla a Koscielny (m.16), Sagna (m.29), Wilshere (m.36), Van Persie (m.45+1), a quien expulsó por doble amonestación en el minuto 56.

Incidencias: Asistieron al encuentro 95.486 espectadores en partido de vuelta de los octavos de final de la Liga de Campeones disputado en el Camp Nou
a0088359_18151581.jpg
ちょちょいとやってくれました。

アーセナルはスペースを潰しパスコース予測し窮屈さを作り出していましたが、私としてはオフサイドも少なく一応裏は取れてる印象だったので、K氏が言うほどアーセナルペースの試合という感じはしませんでした。
バルサ選手もテンポ良くパスを廻せないのはある程度想定内という感じだったんじゃないかしら。その点での焦りは感じませんでしたから。
とはいえホントに最後の最後まで気を抜けなかったのは確かだし、ジャッジというかあのKY風の子がアーセナルの気持ちの起伏を招いてなかったらどうなってたことか。
でもしかしシュートゼロとは此如何に。

***

a0088359_17284374.gif
Ficha técnica
Sevilla: Javi Varas; Cáceres, Alexis, Fazio, Fernando Navarro; Jesús Navas, Medel, Zokora (Kanouté, m.45), Rakitic, Capel (Perotti, m.71); Negredo (Romaric, m.87).

FC Barcelona: Valdés; Alves, Piqué, Abidal, Adriano (Maxwell, m.75); Iniesta, Busquets, Xavi; Pedro (Bojan, m.13), Messi y Villa (Keita, m.84).

Goles: 0-1, M.30: Bojan. 1-1, M.48: Navas.

Árbitro: Pérez Lasa (Comité vasco). Amonestó a los locales Cáceres (m.24), Zokora (m.27), Medel (m.61), Fernando Navarro (m.62), Capel (m.68), así como a los visitantes Adriano (m.39), Xavi, (m.61).

Incidencias: Partido correspondiente a la vigésima octava jornada de liga en Primera División, disputado en el estadio Ramón Sánchez Pizjuán de Sevilla ante más de 45.000 espectadores
a0088359_1816924.jpg
ありがとう!

CLの疲れも見せずセビージャの株を奪うようなサイド攻撃で翻弄(って両ラテラル元セビージャか)していたのですが、後半同点に追いつかれてからは一変してしまいました。
相手が攻勢に出てる分、アラもあったんですがバルサの攻撃はディフェンスに引っかかり、反攻が速いので行ったり来たりさせられる有り難くない展開に持ち込まれてしまいました。
こうなると疲労による運動量の差は歴然でした。相手はもともとそういう戦い方のチームですし。
意地は見せ続けましたがタイムオーバーとなってしまいました。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-03-13 23:41 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶