「ほっ」と。キャンペーン

タイトル 第16節デルビカタラン - コルネジャ

a0088359_18203454.gif
- Ficha técnica:
1 - Espanyol: Kameni; Chica (Amat, min.64), Forlín, Víctor Ruiz, Dídac (David García, min.81), Baena, Javi Márquez, Luis García (Dátolo, min.62), Verdú, Callejón y Osvaldo.

5 - Barcelona: Valdés, Alvés, Piqué, Puyol, Abidal, Sergio Busquets (Mascherano, min.79), Xavi, Iniesta (Keita, min.86), Pedro (Bojan, min.87), Messi y Villa.

Goles: 0-1: Pedro, min.19. 0-2: Xavi, min.30. 0-3: Pedro, min.60. 1-3: Osvaldo, min.63. 1-4: Villa: min.75. 1-5: Villa, min.84

Árbitro: Undiano Mallenco (Colegio navarro). Mostró tarjeta amarilla a Sergio Busquets (min.26), Baena (min.36), Osvaldo (min.37), Javi Márquez (min.41), Piqué (min.54), Víctor Ruiz (min.67), Alves (min.70).

Incidencias: Partido de la decimosexta jornada disputado en el Estadio de Cornellà-El Prat ante 40.010 espectadores. Antes del inicio del encuentro, la afición blanquiazul brindó una cálida ovación al azulgrana Andrés Iniesta, por homenajear al malogrado defensa españolista Dani Járquez en la final del Mundial.

どちらのチームもラインが高くコンパクトで、組織的にプレッシングを行っていました。
その中でエスパニョルが良かったのは、勇気を持ってパスを繋いでいた事に合わせて長いパスでバルサラインを押し下げる試みだと思いました。
それに対するバルサは、集中してハイボールを処理し最終ラインは積極的にオフサイドへ持ち込んでいました。全体的にいつも以上のプレッシングで、特にペドロとビジャのやる気ったらなかったです。
エスパニョルは断固として引いて来なかったし、それを押し込む事は難しかったのでボールを奪ったら手数を掛けずシュートに行っていました。

そういう意味で前節ソシエダ戦とは対照的なゲームだったと思いました。
少し前のゴール欠乏症の頃だったらこの試合結構危なかったと思うんですが、点を取ることに不安のない現状では問題にならないのかも知れません。
逆を言うとバルサらしさの少ない試合だったと言えるし、私自身もそっちの性質なんですが、今のチームには不思議とそういう因縁をつける気分になりません。

この日のボール支配率は前後半共に約6割。
充分な数字ですが、先述したように徹底的にパスを繋ぎ圧倒的な支配率でコントロールした試合ではありませんでした。
でもなんていうんすかね。
自分の得意なことばっかりゴリ押しするんでなくて、柔よく剛を制すという感じか相手と対峙するサッカーのように見えます。そしてなぎ倒していく。
オラバルサもいいですが、クレバーなのもいいですね。

a0088359_20305558.jpg
自分のゴールのように喜ぶメッシ。いいですね。
17得点9アシストですか。神ですね。

a0088359_203191.jpg
"Un canario se comió a los periquitos"
カナリア、インコ食べた〜!

↑上の画像2枚とも得点者の顔が写っとらん(笑
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-12-19 23:28 | マッチレポート