タイトル 第1節ラシン対バルサ

a0088359_9144912.jpg
Ficha técnica:
Racing de Santander: Toño; Francis, Henrique, Torrejón, Cisma; Kennedy (Adrián, min 63), Colsa (Tziolis, min 73), Diop, Arana (Ariel, min 63); Munitis y Tchité.

FC Barcelona: Valdés; Dani Alves, Piqué, Abidal, Maxwell; Xavi (Pedro, min 46), Busquets, Keita; Iniesta (Adriano, min 81), Messi y Villa (Bojan, min 78).

Goles: 0-1, min 2. Messi. 0-2, min 32. Iniesta. 0-3, min 62. Villa.

Árbitro: Carlos Delgado Ferreiro (comité vasco). Mostró cartulinas amarillas a Francis, Adrián y Diop por el Racing y a Piqué por el Barcelona.

Incidencias: Partido de la primera jornada de la Liga de Primera División, disputado en los Campos de Sport de El Sardinero ante 19.095 personas.

レバンテ対セビージャ観戦中にズラタンのニュースを聞いて溜息でました。しかも柄沢の口から聞くだなんて、なんだかショック倍増よ!(-_- )
こんな簡単におっぽり出すなら昨季の苦しみはなんだったんよ。つーか、そもそもを蒸し返したくなるわ。チグリンとかフレブの事とかもまとめてぜーんぶ会長チェンジで総括てかゴラァ。
ミランの財政面から1年猶予ってことで戻ってくることはなさそらしいですがバルサの大損はかわりなし。ズラのコストで穴埋めか?んなバカな。
本人はペップのことボロカス言ってるし、えーと、結局誰が悪いんだこれ。

さて試合。
完全に切り崩すシーンが多く見られなかったのは残念でしたが、調整不足だろし、ラシンの守備も良さげでしたしね。ラインをしっかりキープして中盤でも網張ってました。
それでも点取って白星スタート出来たのは、ダニエウのクロスが珍しくピンポイント降下してたから。さすがセレソンのプレースキッカー!
というかチームが円熟してる証拠だろし、ビジャのレクチャー不要のプレーも加わって、今季もやってくれちゃうのかしら?なんて軽口叩いてみたりしました。

そのビジャ加入で一番活性したのはマクスウェルか。単に生まれたスペースを使ってるだけなのかも知れないけど、ロナウジーニョが居なくなって以降このサイドは深度不足が続いてましたから、それだけでワクワクします。
そのサイドがメッシが手詰まりになった時、いやなる前に幅を持たせてくれることを期待してます。

あとちょっと思ったのはブスケのポジショニング。
攻撃参加というんじゃなくてもなんとなく高い。
それこそがペップ現役時代のスタイルだなんて事をどっかで読んだか聞いたかした気がしますが、昨シーズンなんかはヤヤは勿論、ブスケもそんなに高くなかったような。
その後ろに出来たスペースをピケが自由にアプローチに使ってる感じがしました。
最終ラインの裏を取られるのは最悪だけど、このスペースにストンと落とされるのも結構怖いけどなぁ。正確なキックを持ってる選手だったら造作ないことだろし。
うーん良く分からん。
どなたかが解説してくれるのを待とう。

***

レバンテにはいろんな選手が来てましたね。
中には床屋ファンフランなんて懐かしい顔も!!(まだやってたんだ^^;
あとソシエダがなかなか良かった。アランブルちょっと老けてた。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-09-01 02:23 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶