「ほっ」と。キャンペーン

タイトル いよいよ大詰め

ラポルタからお別れの手紙が届いた日、いよいよ決勝トーナメントが始まりました。
簡単に感想を残しておこうと思います。

■オランダ×ブラジル
西村さんがレフェリーでした。私Jリーグ見てないからニュースとしてしか知らないんですが、あの"○ね!騒動"の方なんですね。日頃のレフェシングがどうなのか知りませんし、この試合も特筆するものは無かったと思うんですが、笛の連呼は耳障り。ブブゼラうるさくて仕方ないんでしょうけどね(^^:

清美のせいで全員いい人にしか見えないブラジルは、組織力を手にする代わりにズル賢さを失ったんですか。蒸し返したくないけどジンガも泣くわそりゃ。
ブラジルサイドから見れば「○ゲ、倒れすぎ!」になるんだろうけど、まあ〜ロビーニョとアウベスはよく吠える。
オランダは良いのか悪いのかよく分からん。とりあえず守備はどいひ~。それでもバルサが失ってるものを垣間見ると、つい応援してしまいます。
グループリーグでは試合巧者ぶりが鼻につくなぁ、なんて思っていたんですが、山本さんが言うように単に層が薄いだけなのかしら。
相変わらずボメルは爽やかに相手を潰すね(笑
a0088359_211197.jpg

↑これマレーとナダルを見ながら書いてるんですが、ベッカムさんがブルックリン君と一緒に観戦してた。
切り替え早い。
a0088359_851629.jpg
隣のしかめっ面はブルックリンくん。



■ウルグアイ×ガーナ
壮絶でしたね−。
隣で旦那(仮)が寝てるのにお構いなしで「おァ!!」とか叫んでました。90分見終わった頃に睡魔が襲い、ウツラウツラして気が付いたら延長15分。
気合いで起きて延長後半を見て良かったですよ、こんなのは見逃したくないですから。



全体的にはガーナの方が勇敢で良かったと思う。
攻めが速い両チーム、けどその仕様には違いがありました。ウルグアイはどちらかというと前線を走らせ、ガーナはテンポ良く繋ぐ。アフリカは繋ぐチームが多いんですね。スペインサッカーが人気なのも分かります。
ウルグアイは後半追いついたけどボランチ2人ともカード貰っちゃって厳しいかと思いましたが、この好機をガーナは棒に振ってしまったんだなぁ。何切っ掛けか足が止まり出す選手がちらほら出てしまってました。
ガーナは楽しませてくれるので残念ですが、フォルラニスタとしてはこっち。
a0088359_7524475.jpg
ヤター!な瞬間。
でも襟を隠してるのは何故?(・ω・ )
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-07-03 08:09 | マッチレポート